HOME / サポート・サービス / サポート情報 / Windows XP Service Pack 2 動作検証結果

Windows XP Service Pack 2 動作検証結果

マイクロソフト社より提供されております Windows XP Service Pack 2 をインストールした環境における、弊社製品の動作検証結果をご案内いたします。

【 ご注意 】 環境によって動作や現象が異なる場合が考えられます。すべての環境において動作を保証するものではありません。予めご了承ください。

凡例 ○:動作可能 △:一部に仕様制限、または、条件付きで動作可能 ×:動作不可

パソコン計測制御 PC-HELPER シリーズ

サポートソフトウェア ドライバライブラリ API-PAC(W32)
  API-DIO(98/PC)  
API-CNT(98/PC)  
API-GPIB(98/PC)  
API-SIO(98/PC)  
API-SMC(98/PC)  
API-TIMER(W32)  
API-AIO(WDM)  
IO-LIB(NT)  
COM-DRV(W32)  
API-GPLV(W32)  

コンピュータ・ネットワーキング LAN-HELPER シリーズ

IEEE802.1X認証サーバユニット SVR-RDS(FIT)  
SVR-RDS(FIT)L  
IEEE802.11a/b/g準拠 無線LAN FLEXLAN® DS540 シリーズ
アクセスポイント FX-DS540-APW  
FX-DS540-APD  
FX-DS540-APP  
FX-DS540-AP  
FX-DS540-LNK  
FX-DS540-APDL  
FX-DS540-APL  
ユーザーユニット FX-DS540-PCD ※1
FX-DS540-PCC2 ※1
FX-DS540-PCC ※1 ※2
FX-PCI-EXT3  
IEEE802.11b準拠 無線LAN FLEXLAN® DS110 シリーズ
アクセスポイント FX-DS110-APE  
FX-DS110-APL  
ユーザーユニット FX-DS110-PCC2  
FX-DS110-PCC  
FX-DS110-CFC  
FX-PCI-WOL  
FX-PCI-EXT2  
PC-CARD(PC)H  
その他
LANアダプタ C-NET(PI)W-100TX2 ※3
管理ソフトウェア SNMPc Ver.5  

マルチ・プログラマブル表示器 ACTIVE TOUCH® シリーズ

  HPC-HMV10AC-J ※4
HPC-HLS10AC-J ※4

分散監視制御ネットワーク F&eIT® シリーズ

マイクロコントローラユニット CPU-SB21/256(FIT)GY ※7
サーバユニット SVR-MMF(FIT)GY ※5
SVR-SEC(FIT)GY  
SVR-PLCLC(FIT)GY  
SVR-PLCLD(FIT)GY  
I/Oコントローラユニット
CPU-CAxx(FIT)GY
API関数ライブラリ
API-CAP(W32)  
リモートペリフェラル
(メディアコンバータ)
RP-COM(FIT)GY ※6
RP-422(FIT)GY ※6
FX-DS110-COM ※6
FX-DS110-422 ※6
RP-GPIB(FIT)GY  

産業用コンピュータ IPC シリーズ

ボックスコンピュータ® IPC-BX/M630(PCI) ※7
IPC-BX/M620(PCW) ※7
パネルコンピュータ IPC-PT/L630S(PCI) ※7
IPC-PT/H630X(PCI) ※7
IPC-PT/L620S(PCW) ※7
IPC-PT/H620X(PCW) ※7

ボードコンピュータ IPC BOARD-PC シリーズ

シングルボードコンピュータ SPI-8450-LLVA  
SPI-6941-LV  
SPI-6940-LLVA  
SLC-8150-LVA  
SPC-8620-LVA ※8
凡例 ○:動作可能 △:一部に仕様制限、または、条件付きで動作可能 ×:動作不可
※1
「 Windowsを使ってワイヤレスネットワークの設定を構成する 」 をチェックしない(無効)で使用した場合、正常に通信できないことがあります。サービスの設定([コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス])で、サービス 「 Wireless Zero Configuration 」 の状態を [ 停止 ] 、スタートアップの種類を [ 手動 ] に設定してください。
※2
暗号を使用する場合、 Windows のワイヤレスネットワークで暗号キーを要求する画面が出ないため、手動で設定する必要があります。ワイヤレスネットワークへ手動で暗号を登録してください。
※3
OS標準ドライバ [ VIA Compatible Fast Ethernet Adapter ] が自動的にインストールされます。
※4
添付の画面/スクリプト編集ソフトウェア [ ACTIVE TOUCH Editor for Windows XP / 2000 ] の検証結果です。
※5
Sun Microsystems JavaVM を使用する必要があります。
※6
仮想COMドライバを使用する場合、起動時に 「 Windowsセキュリティの重要な警告 」 が表示されます。 「 Windowsセキュリティの重要な警告 」 画面で 「 ブロックを解除する(U) 」 ボタンをクリックすることで利用できるようになります。
※7
Windows XP Service Pack 2 プリインストールモデルはありません。Windows XP Embedded プリインストールモデルは、Service Pack 1 適用相当です。
※8
シャットダウン後、 「 電源を切る準備ができました 」 が表示されません。