HOME / 製品・ソリューション / 導入事例のご紹介

最新導入事例

M2M/IoT ソリューション CONPROSYS®(コンプロシス)

  • 株式会社大和コンピューター様

    システムやソフトウェアの開発企業が農業に進出 メロン栽培の自動化をIoTソリューションで実証

    基幹系業務用ソフトウェアの開発やサービスインテグレーション、システム販売などの事業を展開する大和コンピューターは、ICT(情報通信技術)を活用した「i-農業®」をめざし、その最先端となるメロン養液栽培に、コンテックの「CONPROSYS®PACシリーズ」を採用し、次世代型農業の実証を進めている。

    この導入事例の詳細を見る

M2M/IoT ソリューション CONPROSYS®(コンプロシス)

  • コンテック 小牧事業所

    M2M/IoTソリーションを自社工場に導入 「見える化」の実現により画期的なQCD向上を実現

    コンテックは、自社で開発したM2M/IoTソリューション「CONPROSYS®」シリーズを自社国内生産のメイン拠点である小牧事業所に導入した。その主な目的は、「見える化」実現により、QCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)の向上と強化を図り、自社製品の有用性を実証すること。その成果は着実に上がっている。

    この導入事例の詳細を見る

ボックスコンピュータ

ボックスコンピュータ

  • 【三星ダイヤモンド工業株式会社様】 レーザー加工装置の小型化を実現したBX-110n

    BX-110nが搭載されたレーザー加工装置PLCでは実現困難であった「高速」「高精度」なレーザー加工技術を武器に世界へ挑戦

    「様々なガラスに対する高品質加工技術」を駆使し、あらゆる硬脆性材料加工のプロセス確立と、そのための装置・工具を創り出す三星ダイヤモンド工業株式会社。今回の新製品開発には、高速高精度なレーザー加工技術の実現と、設計・技術資産の流出防止(制御技術のブラックボックス化)も重視されていた。確かな技術力に高い信頼性を備えたビジネスパートナーを探していたときに、出会ったのがコンテックの制御コントローラ。高いパフォーマンスで、新商品開発が軌道に乗った。

    この導入事例の詳細を見る

ボックスコンピュータ

  • 【日本エアコミューター様】 航空機基幹システムにボックスコンピュータ®が活躍

    タッチパネルで直感的に操作可能航空機の安全維持に欠かせない基幹システムに安心して長く使えるボックスコンピュータ®を導入

    航空会社の安全の要の一つである整備の基幹システム。そのシステム刷新を前に、日本エアコミューター株式会社(JAC)は、JALグループの厳しい経営環境により限られた予算で現行システムの延命を迫られた。OSのサポート終了に伴うセキュリティ問題やJALグループの規約に則った制限など、数々の厳しい課題をクリアしたのはコンテックのボックスコンピュータ®だった。

    この導入事例の詳細を見る

ベッドサイド情報端末

デジタルアソートシステム

  • 自動車パーツ用の仕分けシステムをリニューアル

    スライス加工の製造工程自動車補修パーツ・アクセサリーの仕分け業務にデジタルアソートシステムが活躍

    350カ所以上ある全国のディーラーから年間300万件の補修パーツ・アクセサリーを輸入販売されているのが、フォルクス ワーゲン グループ ジャパン株式会社様(以降フォルクス ワーゲン グループ ジャパン社)です。同社は、注文を受けたパーツを円滑に配送先別に仕分ける現場にデジタルアソートシステムを採用され、作業効率の向上およびコストダウンの実現に役立っています。同社では、デジタルアソートシステムを「ソーティングラックシステム」と呼んでいます。

    この導入事例の詳細を見る

製造実行システム

  • シリコンインゴットスライス加工の量産体制を支える製造実行システム(MES)

    スライス加工の製造工程月産数百万枚のシリコンインゴットをスライス加工する新工場で活躍

    ソーラーパネルやLEDに用いられる電子材料のスライス加工に不可欠な、切断用工具であるダイヤモンドソーワイヤ「DINA-PRISM」の製造と販売を行っている株式会社中村超硬様(以降中村超硬社)。同社は、独自のダイヤモンドワイヤー技術を開発。この技術でシリコンインゴットのスライス加工を事業化されています。この製造工程の管理に「製造実行システム(MES)」が採用され、作業効率・品質の向上、およびコストダウンの実現に役立っています。

    この導入事例の詳細を見る

ベッドサイド情報端末

監視・管理システム

  • 救急医療現場の動画配信システムで活躍する ボックスコンピュータ®

    導入シーン救急車から病院へ、リアルタイムに動画を配信 救急医療現場で活躍する「Dr.now」

    総延長243.8kmにおよぶ阪神高速道路の施設の新設、改築、維持、修繕、災害復旧などを主要業務としている阪神高速技術(株)様。 同社は高速道路の維持・管理で培ってきた動画配信技術を応用して、救急医療用リアルタイム動画配信システム「Dr.now」を開発、救急車両の画像処理・通信用コンピュータに「ボックスコンピュータ®」が採用されています。

    この導入事例の詳細を見る

  • セキュリティ監視システムに高信頼FAパソコン VPC-1000を採用

    導入シーンセキュリティ監視システムに高信頼FAパソコン VPC-1000を採用

    CBC(株)殿は、監視カメラ用レンズ、カメラの製造販売に加え、ネットワーク技術を取り入れてトータルセキュリティシステムの構築までも手掛けています。その中のネットワークカメラ専用高機能録画プログラム「GANZ Pro」は、マンション、スーパー、コンビニ、金融機関、データセンターなどで使用されています。このGANZ Proのセキュリティシステムとして、コンテックのFAパソコン VPC-1000が採用されています。

    この導入事例の詳細を見る

  • お天気カメラ放送の中継映像や遠隔監視のカメラポールシステム

    導入シーンお天気カメラ放送の中継映像や遠隔監視のカメラポールシステム

    「ただいまの○○の様子をお送りします」というナレーションとともに、テレビの天気予報画面の背景に映る景色映像。このいわゆるお天気カメラには、特定のビルの屋上などに設置している物と名所旧跡に設置している物があります。ビルの場合は固定されていますが、名所旧跡では景観を損なわないように伸縮ポールを使用しています。撮影するときだけポールを伸ばしてカメラを上昇させ、撮影が終わるとポールを縮めて、ひっそりと茶屋の陰に身を隠しておく、そうした配慮がなされています。このようなお天気カメラや監視カメラのほか、放送局の中継車に搭載される油圧式伸縮ポールで高いシエアを持つのが、ユアサ工機(株)殿(本社:岡山市北区)です。

    この導入事例の詳細を見る

デジタルサイネージ (電子看板・電子ポスター・デジタルコンテンツ配信システム)

  • 品川駅構内のデジタルサイネージシステムで活躍するボックスコンピュータ®

    導入シーン品川駅 自由通路の映像メディア「J・ADビジョン」を支えるボックスコンピュータ®BX950

    テレビ、新聞、雑誌などに次ぐ新たな広告メディアや情報配信の手段として注目が高まっている「デジタルサイネージ」。 (株)ジェイアール東日本企画様は、2008年7月に東京駅八重洲南口コンコースへ「デジタルサイネージ」を試験的に設置。 以降、首都圏を中心に設置を進め、2009年度末時点で12駅18カ所、計170面を映像メディア「J・ADビジョン」として展開されています。

    この導入事例の詳細を見る

制御装置

  • エンジン自動運転データ収集装置での活用

    導入シーンエンジン自動運転データ収集装置での活用

    富士計測システム株式会社様の「エンジン自動運転データ収集装置」は、自動車をはじめ二輪車、自動車部品、建機・重機、石油など各種メーカーのエンジンに係わる幅広い分野で採用されています。この装置にはWindowsベースのパソコンが使用され、コンテックの計測制御用インターフェイスボードが拡張ユニットに実装されて組み込まれています。

    この導入事例の詳細を見る

省配線リモートI/Oシステム

オートモーティブ (車載・自動車関連)

  • 移動体管理システム 「DOCODAS」 (ゴミ回収車)

    導入シーン移動体管理システムから回収車のドライバーに回収の指示と運行支援

    太平工業株式会社様は、総合エンジニアリングのリーディングカンパニーです。移動体管理システムの事例として今回のシステムを回収業者様へ納入されました。 自治体・一般事業主から受付けたゴミの回収依頼を地図上へ登録することにより、顧客管理から回収実績管理までを一元で行うものです。 ごみ回収車のドライバーへ当日のスケジュールと回収場所の回収ルートを車載した産業用パソコン IPC-BX 800 で分かりやすく地図表示することができます。 回収を行っているドライバーへ予定外の追加スポット回収指示も携帯電話回線網を使用して回収位置情報を的確に指示することが可能となります。 回収状況・実績情報は事務所(基地局)に送信され、ごみ回収依頼者への請求業務などが随時行われます。

    この導入事例の詳細を見る

検査装置