HOME / 製品 / M2M/IoT ソリューション

M2M/IoTソリューション CONPROSYS

M2Mオンプレミス データ収集ソフトウェア

オンプレミスの監視システムに対応したデータ収集ソフトウェアです。

要認証となっているファイルをダウンロードする場合は、
ユーザーIDとパスワードを入力してログインボタンを
押してください。自動的にご希望のファイルの
ダウンロードがはじまります。

M2Mクラウドデータサービス

特長

データ収集・蓄積が簡単に導入

センサー/制御機器から収集したデータをローカルネットワーク上のPCに蓄積します。
細かな設定が不要でソフトウェアをインストールするだけでデータを取得し、サーバーにデータを蓄積します。

蓄積したデータを画面で確認

サーバーに蓄積されたデータは、一覧表で画面確認できます。

仕様

対応OS
Windows 7 (32bit / 64bit) Windows 8.1 (32bit / 64bit)
Windows Server 2008 R2 64bit Windows Server 2012

PAGE TOPへ

OPCサーバーソフトウェア

OPCサーバーを用いてCONPROSYSの通信方式をSCADA等で使用される世界標準の産業用プロトコルOPCインターフェイスに変換するソフトウェアです。
OPC対応のSCADAソフトとのデータ通信が可能です。

OPCサーバーソフトウェア システム構成

OPCサーバーソフトウェア(OPC-DA)

OPCサーバーソフトウェア(OPC-UA)  New

要認証となっているファイルをダウンロードする場合は、ユーザーIDとパスワードを入力して
ログインボタンを押してください。自動的にご希望のファイルのダウンロードがはじまります。

仕様

動作環境
OPCサーバーソフトウェア (OPC-DA) 対応OS: Windows 7 (32bit / 64bit), Windows 8.1 (32bit / 64bit)
OPCサーバーソフトウェア (OPC-UA) 対応OS: Windows 7 (32bit / 64bit), Windows 8.1 (32bit / 64bit)
Java: Java最新版 (2016/1時点)

PAGE TOPへ

ソフトウェア開発キット

CONPROSYS Linux SDK

本ソフトウェア開発キットは、CONPROSYSシリーズのハードウェアをLinuxコントローラとして使用する際、モジュールを生成するためのソフトウェア開発ツールです。
開発用ホストPC上で行うクロスビルド版と、CONPROSYS上のUbuntu14.04で行うセルフビルド版の2種類を用意しています。

  • クロスビルド版
    開発用ホストPC上でカーネルコンフィグレーション、ドライバやアプリケーション等、 CONPROSYS Linux システムのプログラム開発を行うことが出来ます。
    ※ メディアライティングソフトウェアでメディア書き込み用ISOイメージファイルを用意しています。
    ※ DVD-R などへインストールメディアを作成される場合は、ライティングソフトをお使いください。
対象製品
コンパクトタイプ CPS-MC341-ADSCxシリーズ,
CPS-MC341G-ADSC1シリーズ(日本国内モデル / グローバルモデル),
CPS-MC341Q-ADSC1 シリーズ, CPS-MC341-Ax シリーズ,
CPS-MC341-DSx シリーズ, CPS-MC341-DS1x シリーズ
スタックタイプ CPS-MCS341-DSxシリーズ
動作環境
開発用ホストPC Linuxディストリビューション: Ubuntu 14.04 (64bit版のみ)
40Gbyte以上の空き容量必要
sudoの実行出来る管理者権限ユーザー
  • セルフビルド版
    CONPROSYS用のUbuntu14.04にコンパイラを搭載していますので、CONPROSYS上でプログラム開発することが簡単に出来ます。
    ※対象製品に応じたSDカード用のイメージファイル(2GB)を用意しています。イメージファイルをダウンロードし、SDカードへ書き込んでご使用ください。
ダウンロードファイル バージョン 更新日
コンパクトタイプ CPS-MC341-ADSCxシリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341G-ADSC1シリーズ(日本モデル) ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341G-ADSC1シリーズ(Globalモデル) ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341Q-ADSC1シリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341-Axシリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341-DSxシリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
CPS-MC341-DS1xシリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25
スタックタイプ CPS-MCS341-DSxシリーズ ※要認証 Ver.1.1.0  2016.11.25

パートナーソリューションとの連携

  • Microsoft Azureとの接続
  • microsoft-azure-certified Logoコンテックは、Microsoft Azure Certified for IoTパートナーです。CONPROSYS Linux SDKを使用した CPS-MC341-ADSC2は、Azure IoT Hubとの接続テストが確認された「Azure Certified for IoT」を取得しています。
  • FUJITSU Cloud Service IoT Platformとの接続
    CONPROSYS Linux SDKを使用したCPS-MCシリーズおよび CPS-MCSシリーズは、IoT Platform Ready Programの認定デバイスです。
  • セゾン情報システムズ HULFT IoTとの接続
    CONPROSYS Linux SDKを使用したCPS-MCシリーズおよび CPS-MCSシリーズは、「HULFT IoT Ready」の認定デバイスです。

PAGE TOPへ

M2M/IoT ソリューション
産業用パソコン
パソコン計測制御
ネットワーク・無線LAN
環境計測ソリューション