HOME / 製品 / 産業用パソコン / WinCPUユニット PPC-100

産業用コンピュータ
M2M/IoT ソリューション
パソコン計測制御
ネットワーク・無線LAN
環境計測ソリューション

三菱汎用シーケンサ MELSEC-Qシリーズ 2スロットサイズ FAスペック Windows PC WinCPUユニット PPC-100

ご採用のメリット

  • 装置の小型化に貢献 - ベースユニット 2スロットにWindows PCを集約 -

    三菱汎用シーケンサ MELSEC-QのベースユニットへCPUユニットとして装着可能なWindows対応の組み込み用コンピュータです。わずか2スロット(ベースユニット)分のスペースでMELSEC-Qのシーケンサシステムにパソコン機能を追加することができます。パソコンを設置するためのスペースが不要となり、装置を小型化することができます。

  • 信頼性・耐環境性はそのまま。大幅にパフォーマンスを向上

    CPUにIntel® Atom™プロセッサ N450を採用することで、従来モデル「PPC-852シリーズ」から大幅に処理能力を向上させながら、従来モデル並みの低消費電力を実現しました。また、使用周囲温度 0 - 55℃で動作するなど、FA(ファクトリーオートメーション)の厳しい環境に対応した高い耐環境性能を誇っています。

  • シーケンサCPUとシームレスに連携。マルチCPU構成に対応

    シーケンサCPUなどの他のCPUユニットとマルチCPU構成が可能です。このため、シーケンス制御、モーション制御の処理とパソコンによる情報処理を機能分散しながらシームレスに連携させることができます。パソコンを別置きしてデータ通信する方法に比べて、データ伝送のスループットが大幅に向上します。

 

  • お見積もり・導入についてのご相談はこちらから

PAGE TOPへ

システム構築例

半導体装置 - 全般 -

WinCPUユニット導入前 WinCPUユニット導入後

WinCPUユニット導入前のシステム従来シーケンサを使用した半導体製造装置では、上位ホストとのSECS通信用に専用の通信機器(パソコンなど)が別置きで必要であり、設置場所にも困っていました。

WinCPUユニット導入後のシステム・SECS通信用パソコン(Windowsパソコン)で稼働中のデータ通信を、WinCPUユニットでもそのまま使用できます。
・シーケンサベース取り付けのパソコンCPUでSECS通信を行う為、別置きのSECS通信用パソコンが不要になり、装置がシンプルになります。
・装置のコントローラ占有スペースを小さくできます。(フットプリントの縮小)
・市販のSECS通信パッケージが活用できます。

自動車部品加工/組立ライン生産指示・実績収集システム

WinCPUユニット導入前 WinCPUユニット導入後

WinCPUユニット導入前のシステム従来、自動車部品加工/組立ラインでは、生産管理コンピュータと設備制御シーケンサとの間に、インターフェイス用として専用のFAパソコンを設置していましたが、専用の設置場所を準備したりシーケンサ間の余分な配線が必要という問題がありました。

WinCPUユニット導入後のシステム・FAパソコン(Windowsパソコン)で稼働中のデータ通信プログラムを、WinCPUでもそのまま使用できます。
・従来のFAパソコンの機能を、シーケンサベース上に取り込むことができるため、省スペース化と省配線化が実現できます。
・設備シーケンサとバス接続されるため、データ通信時間も短くなり、ラインのタクトタイム向上も期待できます。

PAGE TOPへ

ラインアップ

型式 CPU/メモリ 記憶装置 インストールOS 価格
PPC-100-DC5511 Intel® Atom™ プロセッサ N450 1.66GHz /
1GB DDR2 SDRAM
4GB SSD
(本体内蔵)
Windows Embedded
Standard 2009 日本語
オープン価格
PPC-100-DC5311 4GB CFカード
(本体実装済)

OS言語の各国対応、その他別売オプションについてはお問い合わせください。

  • お見積もり・導入についてのご相談はこちらから

PAGE TOPへ

仕様

ポイント

  • 汎用のWindowsパソコンと同じプログラミング言語、パッケージソフトウェアが動作する組み込み機器用OS、Windows Embedded Standard 2009 をプレインストール
  • 三菱電機株式製の三菱FA用通信ミドルウェア「EZSocket」に対応、ソリューションプロバイダのソフトウェア製品と簡単にデータ通信が可能
  • 1000BASE-T LAN×2、USB2.0×5(前面:3、底面:2)、CFカードスロット×1などの多彩なインターフェイスを標準搭載
  • ハードディスクレス、ファンレスを実現した高い耐環境性。ストレージデバイスにSSD(内部)またはCFカード(外部)を採用し、高信頼・静粛性を実現
  • シーケンサCPUユニットと同様の動作周囲温度:0-55℃を実現、厳しい環境下での使用にも適応
  • ソフトウェア・ハードウェア両面から行う2重のライトプロテクト機能を搭載。(CFカード OSインストールモデルはソフトウェア・ライトプロテクトのみ)
  • WinCPUユニットのI/O割り付け、マルチCPU設定などの各種設定が簡単に行える設定ユーティリティを添付。CC-LinkユニットおよびMELSECNET/Hユニットの各パラメータ設定、アクセス先のデバイスモニタなどの設定も可能。三菱電機株式会社提供のHMIソフトウェア「GOT SoftGOT1000 Version3」、シーケンサへの通信処理が実現できるActiveXコントローラライブラリ「MX Component」にも対応しており、幅広いシステム構築が可能。

機能仕様

CPU Intel® Atom™ Processor N450 (1.66GHz)
チップセット Intel® ICH8M
メモリ L1 Cache 命令32KB+データ24KB
L2 Cache 512KB
メインメモリ 1GB (3.3V 200ピン DDR2 SO-DIMM DDR667 Socket×1)
ビデオ コントローラ CPU内蔵
RAM メインメモリと共用
I/F アナログRGB 15ピンHD-SUBコネクタ
最大表示解像度 1,400×1,050@60Hz (1,677万色)
シリアル I/F RS-232C適合: 1ch(9ピンD-SUBコネクタ), 転送速度: 50 - 115200bps
LAN コントローラ Intel 82574L
I/F 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T RJ-45コネクタ×2
CFカードスロット CF CARD Type I (IDE接続のメモリカード専用) *1
表示: アクセスLED(緑) ×1 *2, -5311, -531AモデルはCFカード 4GBを搭載
内蔵SSD *3 内蔵フラッシュドライブ 4GB
USB I/F USB2.0適合 5ch (本体前面3ch、底面2ch), 転送速度: 480Mbps, 供給電源: +5V, 各ch 0.5A max. *4
ウォッチドッグタイマ 2ch
タイムアップ時間: システムWDT 20msec - 2sec, ユーザーWDT 10msec - 10sec
汎用入出力 *5, *6 端子台[1, 2]: シャットダウン用入力(電流駆動入力)
端子台[3]: シャットダウン完了出力(オープンコレクタ出力)
端子台[4]: ウォッチドッグタイマ作動出力(オープンコレクタ出力)
RTC/CMOS リチウム電池バックアップ期間: 10年以上(無通電時、25℃)
リアルタイムクロックの精度: 月差±3分(25℃)以内
表示部 RDY(緑)、B.RUN(緑)、ERR. (赤)、USER(赤)、BAT.(橙)、EXIT(緑)、CF/SSD (緑)
操作部 リセットPUSHスイッチ、DIPスイッチ 4極、DIPスイッチ 6極、
3ポジショントグルスイッチ
サポートOS Windows® Embedded Standard 2009
ベースユニット使用スロット数 2スロット
外形寸法(mm) 55.2(W)×115.0(D)×98.0(H) (突起などを除く)
DC5V内部消費電流 3.0A (Max.) (周辺機器 (CFカード, USB機器) などの消費電流を除く)
許容瞬停時間 電源ユニットによる
質量 本体のみ:440g, CFカード,CFカード固定金具および固定ネジを含む:450g
*1
通電中のカード挿抜はできません。また、メモリカード以外の使用はできません。
*2
アクセスLEDはCFカード、内蔵SSDのドライブアクセス中の表示を兼ねます。
*3
内蔵SSDはOS格納用として使用します。また、SSDには書換え回数に制限(100万回)があります。詳細については、ユーザーズマニュアル 解説書 第5章 各部の名称および機能の◆内蔵SSDを参照ください。
*4
電流容量はコネクタから供給可能な最大容量。
ただし、実際に供給可能な電源容量はシステム全体の消費電流が電源ユニット容量を超えない範囲となるため、0.5A以下になる場合があります。
*5
汎用入出力はUL評価を受けたものではありません。
*6
ノイズの多い環境でご使用になる場合は、COSEL社製 汎用入出力部ノイズフィルタ(NAC-06-472)のご使用を推奨します。

環境仕様

使用周囲温度 0 - 55℃
保存周囲温度 -25 - 75℃
使用周囲湿度 5 - 95%RH(ただし、結露しないこと)
保存周囲湿度 5 - 95%RH(ただし、結露しないこと)
耐振動 JIS B 3502 IEC61131-2 に適合

断続的な振動がある場合 X,Y,Z各方向
10回
(80分)
周波数 加速度 振幅
5≦f<8.4Hz - 3.5mm
8.4≦f<150Hz 9.8m/s² -
連続的な振動がある場合 -
周波数 加速度 振幅
5≦f<8.4Hz - 175mm
8.4≦f<150Hz 4.9m/s² -
耐衝撃 JIS B 3502、IEC61131-2に適合(147m/s2、3方向各3回)
使用雰囲気 腐食性ガスのないこと
使用標高 0 - 2000m *3
設置場所 制御盤内
オーバボルテージカテゴリ *1 II以下
汚染度 *2 2以下
設置クラス Class I
*1
その機器が公衆配線網から構内の機械装置に至るまでのどこの配電部に接続されていることを想定しているかを示します。カテゴリ?兇蓮?固定設備から給電される機器などに適用されます。定格300Vまでの機器の耐サージ電圧は2500Vです。
*2
その機器が使用される環境における導電性物質の発生度合いを示す指標です。汚染度2は、非導電性の汚染しか発生しない。ただし、偶発的な凝結により、一時的な導通が起こりうる環境です。
*3
標高0m付近で発生しうる大気圧以上に加圧した環境下では故障する可能性があり、使用できません。

従来製品との相違点

  PPC-CPU852(MS)-512 (従来製品) PPC-100 (本製品)
CPU 超低電圧版 インテル Celeron® M プロセッサ
600MHz (FSB 400MHz)
インテル Atom™プロセッサ N450
1.66GHz
チップセット インテル 852GM + ICH4 インテル ICH8M
メインメモリ 512MB 1GB
内蔵SSD なし 4GB
PCカードスロット CardBus対応Type I / II×1 なし
CFカードスロット CF Card Type I / II×1 (ブート可能) CF Card Type I×1
USB USB2.0 ×3 USB2.0 ×5
対応OS Windows XP Professional
Windows XP Embedded
Windows 2000 Professional
Windows Embedded Standard 2009
  • お見積もり・導入についてのご相談はこちらから

PAGE TOPへ