プレスリリースの記載内容は、発表日現在のものです。ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。


2016年12月13日

-20〜60°Cの広温度範囲に対応。耐環境性に優れたIoT/M2M向け
小型組み込み用スイッチングHUB 新発売

  株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639) は、-20〜60°Cの広温度範囲に対応した小型組み込み用スイッチングHUB (型式 : SH-8008F ) を開発、ネットワーク周辺機器の製品ブランド「FLEXLAN®」の新製品として12月13日より販売を開始します。

 


EtherCATスレーブユニッ CPS-ECS341-1-011の外観

高解像度写真データのダウンロード [5.13MB]
広温度範囲対応 組込型スイッチングHUB
SH-8008F

 

型式 品名 機能 価格(税別)
SH-8008F 広温度範囲対応
組み込み型スイッチングHUB
· 100BASE-TX対応8ポート アンマネージドスイッチ
· 動作温度範囲 -20〜60℃
· 35mm DINレール対応
· 保護階級 IP20、安全規格 UL / CE / VCCI / FCC に対応
オープン価格

 

  新製品 (型式: SH-8008F) は、IEEE802.3u (100BASE-TX) / IEEE802.3 (10BASE-T)規格に準拠した小型スイッチングHUBです。-20〜60°Cの広い動作温度範囲に対応、一般向け汎用のスイッチングHUBが使用できない悪環境でも動作するように設計されています。

  工場生産ラインの制御盤や工作機械などの装置内には、イーサネットを物理層/データリンク層とする多数の通信機器が利用されており、製造現場では多数のイーサネット機器を接続できるスイッチングHUBのニーズが増しています。また、IoT化するための監視用機器を後付けしたり、上位/下位システムとの連携のために新たな通信経路を確保したりといった新たなニーズも出てきています。新製品は、こうしたニーズにお応えする耐環境性に優れた産業用スイッチングHUBです。

  本製品は、従来製品 (SH-8008(FIT)H) から32%の小型化を実現、幅40mm奥行60mmとし、盤内での占有スペース、ケーブル配線のしやすさをさらに追求しました。また、金属シェルのファンレス構造、電源2重化、電源逆配線対策など、産業用機器としてシステムの可用性を向上させる多くの機能を装備しています。

 

【 広温度範囲対応 組込型スイッチングHUB SH-8008Fの主な特長 】

  • ■ 小型サイズに100BASE-TX対応ポートを8ポート搭載
    • 小型筐体 (40(W)×60(D)×90(H) mm) にIEEE802.3u (100BASE-TX) / IEEE802.3 (10BASE-T) 規格に準拠したポートを8ポート搭載しています。
  • ■ 電源2重化、電源逆配線対策回路を内蔵
    • 2系統の電源配線が可能。1系統に電源トラブルがあっても動作し続けます。また、電源を逆配線しても正常に動作する安全設計です。
  • ■ -20〜+60°C 周囲温度に対応
    • -20〜+60°Cの周囲温度環境に対応しており、さまざまな環境で使用可能です。
  • ■ Auto MDI/MDI-X機能、オートネゴシエーション機能対応
    • Auto MDI/MDI-X機能によりストレートまたはクロスケーブルを自動判別するため、結線ミスによる配線トラブルを回避することができます。また、オートネゴシエーションにより通信速度・通信モードの自動認識機能(10/100Mbps、全二重/半二重)を備えています。
  • ■ DINレールの設置が可能
    • 35mmDINレール取り付け機構を標準装備しており、盤内取り付けも容易です。
  • ■ 12 - 24VDCのワイドレンジ電源に対応
    • 12 - 24VDCのワイドレンジ電源に対応しており、様々な電源環境で使用可能です。また、電源コネクタにFG端子を装備しています。

 


関連リンク

お問い合わせ先

お客様 お問い合わせ先

総合インフォメーション

TEL 050-3736-7861(ダイヤルイン)
E-mail tsc@contec.jp

報道関係者様 お問い合わせ先

グローバル営業本部 販売促進グループ

TEL 03-5418-5967 (ダイヤルイン)
FAX 03-5418-5968
E-mail promote@contec.jp

FLEXLANは、株式会社コンテックの登録商標です。
記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。